仲介手数料無料で都内で人気の物件の探し方は

仲介手数料無料?都内で人気の物件の探し方

お得な物件を探すポイントは

今は直接不動産会社に出向かなくても、ある程度はインターネットで情報収集が簡単にできるようになっています。 条件をチェックして検索をすれば該当する物件がヒットするので、まずは住みたいと思う地域や住みたい物件の家賃相場などの情報を集めておきましょう。

通常は初期費用はどの位かかるものなのか

最近では不動産会社によって敷金礼金、その他の手数料が割引になっている場合もありますし、引っ越しするシーズンによっても変動はあるので該当しない場合もありますが、一般的な相場として引っ越しにかかる初期費用の相場は、借りる物件の家賃6ヶ月分が目安だと言われています。

仲介手数料とは何か

仲介手数料とは、契約が成立した際に不動産会社が借主と大家さんの両方からもらえる費用の事です。 入居者を集めるには不動産会社はコストが当然かかるので、不動産会社の収入として法律で家賃の1月分までなら双方からもらっても良いという事になっています。

都内で人気の物件を探すには

引っ越しするとなると不動産屋に支払う費用を含めて、引っ越し代やら新しく家具や家電を揃えなくてはならなかったりと費用が何かとかかってしまいます。

引っ越しでどの位の費用が必要かの目安としては、住みたい物件の家賃の6ヶ月分だと言われています。
例えば家賃が8万円とするなら6ヶ月分で48万円という事になりますね。
この金額の半分以上の割合を占めるのが不動産会社に支払う金額になっています。
もし、この部分を少しでも安くして負担を減らす事ができれば嬉しいですし、その分で家具や家電などのインテリアの費用に回せれば新生活が充実できます。

家賃や火災保険、鍵交換や清掃費などの費用は仕方ない出費だと割り切れますが、イマイチ謎が多いのが敷金礼金、不動産仲介料なのではないでしょうか。

不動産会社の運営にも広告や人件費がかかりますから、そこは必要な収入だとは思いますが、高すぎるように感じてしまいます。

最近は敷金礼金の割引や仲介手数料を半額、もしくは0円だと広告している物件も見かけるようになり、謎も深まります。

この仲介手数料は、不動産会社が物件の契約が成立したら借主と大家さんの両方からもらえる報酬のようなものです。
仲介手数料が無料と記載されている場合は、借主からの仲介手数料はもらわないで、大家さん側だけからいただくという意味です。

長らく入居者が入らない物件や、早く入居して欲しい物件に対して、最初にかかりすぎる初期費用を下げることで、入居しやすくするという不動産屋の作戦なのかもしれません。
できるだけ初期費用を抑えて引っ越しをしたいなら、そういった物件の中から探してみると良いかもしれません。

ただ注意しなくてはならないのが、仲介手数料が無料でお得に見えても家賃が近隣の相場よりも高いという事もあるようです。
そうなると何年か住むなら負担は大きくなる場合も考えられます。

TOPへ戻る