仲介手数料無料で都内で人気の物件の探し方は

仲介手数料無料?都内で人気の物件の探し方

>

通常は初期費用はどの位かかるものなのか

初期費用とは何の金額なのか

初期費用は費用がかかると言うのは知っているけれど、何の費用を支払っているのかまで把握はしているでしょうか。
知っておくと契約の際にも話がスムーズですし、うまくいけば値引きのタイミングを掴むことが出来るかもしれません。
知識として頭に入れておくと良いでしょう。

まず不動産会社に支払う初期費用は、敷金と礼金、仲介手数料、前家賃や日割り家賃、管理費と共益費、賃貸保障料、鍵交換費用、火災保険料、クリーニング費用などです。

それに加え、引っ越し業者に依頼するなら引越し費用もそれなりに金額がかかりますし、引っ越し先にあわせてカーテンなどの備品や家具や家電などの生活必需品も購入しなければならないので、引っ越しは大変です。

初期費用それぞれの相場はどの位なのか

敷金は家賃の1ヶ月分から2ヶ月分の事が多いようです。
万が一家賃を滞納したり、退去の際に修繕に費用が発生した時の預り金のようなものなので、退去の際に余った金額は返金される場合もあります。

礼金は家賃の1月分が多く、最近はもっと割合が低い場合もありますが敷金とは違い後に返金されることはありません。

仲介手数料は契約が成立した際に借主と大家さんが不動産会社支払うお礼金のようなもので、家賃の1ヶ月分が目安です。

前家賃や日割り家賃は入居のタイミングと家賃引き落としの調節で入居前に支払う場合があります。
引き落としに間に合わないと家賃を割れば良いです。

管理費や共益費は建物や周辺のメンテナンス費用で、家賃の5パーセントから10パーセントで毎月家賃に上乗せされて支払います。

賃貸保障料、鍵交換費用、火災保険料、清掃消毒料はそれぞれ2万円程度かかるのが相場のようです。


TOPへ戻る